ペリエ・ジュエ社のアネモネボトルのプレステージ・シャンパン

シャンパンは、ドンペリだけではないのです!

ペリエ・ジュエとは

ペリエ・ジュエ社の創業は、1811年にフランスのシャンパーニュ地方エペルネ市に、ピエール・ニコラ・マリー ペリエとそのつまアデル・ジュエにより設立されました。婦人の名前をとって、【ペリエ・ジュエ社】と名づけたそうです。
創業当時は、ナポレオン動乱の時期で、商売が難しい時期だったのですが、シャンパンの品質の良さ、ペリエの商才でフランスはもちろん他国でもにんきを集めたそうです。
その人気は、ロンドンの著名ホテル、サヴォイグループの長年の支配人であった、シャルル・シンカー氏に「当時のサヴォイといえば、シャンパンハウス見ないな物で、どのテーブルを見てもシャンパンがない所はなかったし、その中でペリエ・ジュエが一番だった」と言われるほどでした。

ペリエ・ジュエの独特なボトル

ペリエ・ジュエ社のカーヴで1964年に60年ぶりに発見されたアネモネの花のボトルの美しさに魅せられた醸造長が「アネモネはシャルドネの繊細さを見事に表現している」と、シャルドネ主体のスペシャルキュベ(原料ワイン)作る事を決意したそうです。
そうして生まれ変わったシャンパンは、文化や経済が栄える華やかな時代であった当時の象徴とするシャンパンとして「ベル・エポック」と名づけられました。
このベル・エポックはパリの高級レストラン「マキシム」、高級食料品店「フォション」でデビューしたのです。その頃、画家であるロートレックが愛飲したり、女優皿・ベルナールがこのシャンパンのお風呂に入っていたと言うエピソードさえあるくらい、話題を集め人気にシャンパンとなったそうです。

愛する人への愛のささやきと一緒に
ペリエ・ジュエ ベル・エポックはいかがですか?!
ドンペリのショッピングsearchi! ドンペリの価格を調べる