シャンパン(ドンペリ)は恋を熱く盛り上げてくれるお酒

シャンパンは、誰が、いつ頃、本格的に売り出したかは不明ですが、18世紀初頭には現在の形で生産され、売られるようになりました。最初は発泡性ワインを楽しんでいたイギリス宮廷や上流階級に、そして「げっぷの出るワインなど飲めるものか!」とけなしていた、フランス宮廷や貴族層の間でも爆発的な人気が出るようになりました。
シャパンは華やか、優雅なイメージで、男女の恋愛感情を盛り上げるの飲み物としてもてはやされるようになりました。ルイ15世に愛されたポンパドール婦人が「シャンパンは女性を美しくする」と言う言葉を残したほど恋・美に結びつけられたシャンパンは、宮廷の女性をとりこにしていき、スペイン、ドイツ、イギリスと広くヨーロッパ諸国に広がっていったそうです。

ドンペリのショッピングsearchi! ドンペリの価格を調べる